工場・倉庫をはじめとした建物は、適切なメンテナンスがあってこそ快適に使い続けることができます。中でも防水は、建物自体の寿命を延ばし、建物内の設備を水濡れ被害から守る大切な役割を担う最も重要なメンテナンスのひとつです。
今回は防水のメリットと、それらによって得られる副次的なメリットを詳しく紹介してまいります。

防水のメリット① 水による建材の劣化を抑え建物を長持ちさせる

建物が劣化する最も重大な原因は雨水をはじめとする水が建物に浸入することです。工場では屋根・外壁のわずかな亀裂、建材と建材の隙間、また外部の塗装や建材自体の経年劣化等により、水が建材自体や屋内に浸入してしまいます。一度水が浸入してしまうと、金属金具や内部の鉄筋を腐食しさらに水の浸入を促すこととなり、劣化が急速に進行します。
メンテナンスを怠って、たったの20年~30年で雨漏りに悩み建て替えするより、定期的なメンテナンスにより40年快適に使い続けた方が、総合的にオトクであることは言うまでもありません。

防水のメリット② 工場設備を雨漏りから守る

建材の劣化による雨漏りや漏水で機械設備が故障してしまう被害は決して少なくありません。
特に精密機械で基盤があるものですと、一度の水濡れだけでも重大な故障となることがあり、修理や買い替えとなると数百万円、数千万円かかることも。また、設備のストップによって、品質や予定の納期を守れなくなってなっては会社の信用も落ちることに繋がりかねません。 
防水には建物の防水性能を保持することで雨漏り・漏水を防ぎ、建物内の設備を守る、そして会社の信用を守る役割があるのです。

防水のメリット③ 製品が水に濡れるのを防ぐ

雨漏り・漏水を起こすと、製造・保管している製品にも重大な被害を及ぼします。
食品や機械製品、紙製品・木製品・衣料、機械など多くの製品が、水濡れを起こすと、販売できなくなったり、価値が大幅に低下したりします。
大量の在庫があるほど容易に移動させることができず、莫大な損失となります。防水は大切な製品の品質・価値を保つために欠かせないのです。

防水の副次的メリット① 生産性の向上

雨漏り・漏水でカビ・サビなどが発生すると、労働環境は悪化し、健康にも被害を及ぼす可能性があります。防水によるメンテナンスで労働環境を清潔に美しく保てば、従業員が健康で気持ちよく働くことに繋がるでしょう。
清潔な職場は多くの方にとって魅力的でやる気もアップしますし、雇用を生み出すことにもなり、結果的に生産性も向上します。

防水の副次的メリット② 企業のイメージアップ・景観美化

先ほどの雇用にも関連しますが、工場・倉庫を含み建物が綺麗な美観であることは、その会社のイメージにも直結します。一目見ての好感度も違いますし、建物を大切に使っていることは、環境にやさしい企業という印象にもつながります。

防水の副次的メリット③ 漏水による漏電被害を防ぐ

雨漏りにより配線周りが劣化すると、漏電による感電や、機械の故障、熱や火花による火災を引き起こす場合もあります。
屋根裏や配管などの雨漏り・漏電は、発見が遅れることも多く、漏電被害は防水で雨漏り自体を未然に防ぐことが大切と言えます。

定期的な防水対策を!

工場における防水には様々なメリットがあることがお分かりいただけたでしょうか。
水による被害は多岐にわたり、そのどれもが甚大な被害を及ぼします。防水による定期的なメンテナンスは、これらの被害を予防できるだけでなく、企業にとって様々な良い効果があります。必ず工事費以上のメリットをもたらしてくれることでしょう。

最後に

今回は工場・倉庫における防水のメリットについてお伝えさせていただきました。
アステックペイントでは、防水塗料と防水補強材により屋根をシームレスに改修する防水塗装工事を承っております。
工場・倉庫の防水・雨漏り、営繕・改修に関してお困りごとがありましたらお気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせに関しましては、以下フォームにご入力ください。

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。