工場・倉庫における遮熱塗装とは、温度上昇の原因となる太陽光の近赤外線を反射する遮熱塗料を屋根などに塗布することで、建材の温度上昇を抑える塗装のことを言います。工場・倉庫では、特に温度が上昇しやすい屋根に施工することで、屋内の暑さを軽減することができます。
今回は、遮熱塗装による様々なメリットと、昨今注目されているSDGs取り組みに遮熱塗装がどのように役立つかについてご紹介します。

メリット① 暑さ・熱中症対策

夏になると工場・倉庫が猛烈な暑さになることでお悩みではありませんか?夏場の工場屋根(折板・スレート屋根)は70℃以上まで温度上昇することがあり、建材自体の厚みも5mm前後と薄いため屋内まで簡単に熱が侵入してしまいます。
総務省の調査によると、令和2年6月から9月の全国における熱中症の救急搬送人員の累計は約6.5万人、死亡者112人(令和2年10月27日 総務省報道資料より)にものぼります。また、熱中症の発症場所の半分以上が屋内です。
熱中症は重症化すれば命にもかかわりますので、労働環境の改善としてはもちろん、従業員の命を守る意味でも、遮熱塗装の果たす役割は大きいでしょう。
工場の広さ・建材等にもよりますが、実際の工場で行った遮熱塗装の実験では、工場屋根の半分に遮熱塗装を施工し塗装面と未塗装面を比較したところ、塗装面で屋根表面温度はマイナス15.6℃、室内温度は6.9℃低下したというデータもございます(9月の日中)。

遮熱塗装事例のデータ資料はこちらのページからダウンロードできます。

メリット② 光熱費の削減(省エネ対策)

建物内の暑さ対策として空調設備を最初に検討される営繕担当者様も多いのではないでしょうか。しかし、工場・倉庫屋根温度が70℃以上にも上昇し、屋根から熱が常に侵入してきていては、その効率は大幅に落ちてしまいます。実際、エアコンを最大風量に設定しても工場内が30℃以上になってしまうのはよくある話です。
その点遮熱塗装は屋内の温度上昇の大元となる、屋根温度の上昇を抑えることができますので、エアコンの効率アップにもつながります。結果として、光熱費の削減が可能です。
遮熱塗装による光熱費削減効果の実験では、電気使用料金が25%削減された例もございます。

メリット③ 塗膜の寿命が長い・屋根寿命を延ばす

遮熱塗装には外装用塗料本来の役割である「建物の保護機能」もあります。遮熱塗料は、塗膜劣化の原因のひとつである熱に強い性質から、塗膜寿命が長い傾向にあります。
また、建材自体の温度上昇を抑え、劣化を防ぐ役割もあります。
暑さ対策と建物のメンテナンスが同時にできるのは、遮熱塗装の利点と言えるでしょう。

メリット④ 熱に弱い材料の変質を防ぐ

熱に弱く変質・変形、気化しやすいなどの性質を持つ原材料や製品を取り扱っている企業様にも遮熱塗装はおすすめです。メリット②で紹介した通り、遮熱塗装は屋内の温度上昇を抑えるとともにエアコン効率をアップさせるため、品質低下を抑える効果が期待できます。

メリット⑤ 環境にやさしい

メリット②光熱費の削減にも通じる内容ですが、遮熱塗装によるエアコンの省エネルギー化で削減できる電力と、それに伴うCO2排出量の削減効果は大きいものです。
また、ヒートアイランド現象(建物の蓄熱により建物周辺の温度も上昇してしまう現象)の緩和にもつながります。ヒートアイランド現象は猛暑の原因となり熱中症リスクを上昇させるほか、局地的な異常気象、大気汚染や生態系への影響をもたらしますので、環境への配慮という点でも遮熱塗装はメリットがあると言えます。

SDGs取り組みの一環として

SDGsは環境問題や社会問題への配慮としてだけではなく、ビジネスチャンスの創出、企業イメージの向上としても注目されています。遮熱塗装で取り組み可能なSDGsの目標例は以下が挙げられます。

■SDGs目標8【働きがいも経済成長も】
持続的でだれも排除しない持続可能な経済成長、完全かつ生産的な雇用、働きがいのある人間らしい仕事(ディーセント・ワーク)を促進する目標です。
メリット①「暑さ・熱中症対策」に関連し、工場・倉庫内の温度上昇を防ぎ、職場環境を快適化、熱中症リスクを低減することは、ターゲット8.8の労働者へ安全・安心な労働環境の促進につながります。

■SDGs目標12【つくる責任つかう責任】
持続可能な消費と生産に関する目標です。
メリット③でご説明のとおり、遮熱塗装は一般に塗膜寿命が長く、その分施工した建材を熱や紫外線などの劣化要因から保護し長持ちさせる効果があります。定期的なメンテナンスにより建物を大切に使い、大規模な葺き替えや建て替えの頻度を減らすことは、ターゲット12.5の建設廃棄物の削減につながります。

■SDGs目標7【エネルギーをみんなに そしてクリーンに】
再生可能エネルギーの導入や、省エネルギーを含めたエネルギー利用の効率化に関する目標です。
遮熱塗装の屋根温度の上昇を抑える効果により、これまでより少ない電力で屋内を快適化できますので、ターゲット7.3エネルギー効率化促進の取り組みにつなげることができます。

最後に

遮熱塗装には多くのメリットがあることがご理解いただけたでしょうか。
暑さ対策は労働環境改善、光熱費削減(省エネ)は環境への配慮と言い換えることができますので、遮熱塗装はSDGsの取り組みとしても有効に活用できます。長期的に見ても企業へのメリットは大きいと言えるでしょう。

アステックペイントでは、遮熱効果が通常の遮熱塗料より長期に持続する低汚染遮熱塗装をはじめ、各種遮熱塗装を承っております。暑さ・省エネ対策等でお困りごとがありましたらお気軽にご相談くださいませ。

■遮熱効果が長期に持続する【低汚染遮熱塗装】の遮熱データ資料はこちら
■お問い合わせに関しましては、以下フォームにご入力ください。

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。