年々夏季の気温が上がり、熱中症の罹患率は高くなっています。
中でも工場・倉庫内で働く従業員は熱中症リスクが高く、暑さ対策は十分に行う必要があります。
従業員一人ひとりが、適切な水分補給・休憩をとるなどの対策を行うことも大切ですが、工場・倉庫の改修、設備導入による根本的な労働環境の改善が重要なことは言うまでもありません。暑さ対策で工場内を快適化できれば、生産性は上がり、従業員のモチベーション向上、離職率の低下にも繋がるでしょう。

本記事では、【前編】・【後編】に分けて、改修、設備導入・ツールによる工場の暑さ対策方法を厳選してご紹介します。

工場・倉庫が暑くなりやすい理由

暑さ対策をするにあたって、そもそもなぜ工場・倉庫は屋内気温が上がりやすいのかを知っておく必要があります。
温度管理が必要な製品を取り扱っている場合は、建物自体の造りと空調によって温度が一定に保たれている場合もあります。しかし、空調設備に乏しい工場ではピーク時には屋内温度が40℃を超えるところも多く、一般的な建物より温度が上がりやすくなります。その理由は主に3つあります。

① 高温になった屋根から熱が侵入する

工場屋根によく使用されている、折板屋根(金属屋根)、波形スレート屋根は、太陽光の熱を吸収しやすい性質があり、夏場の表面温度は60℃~70℃以上にも達します。

これらの屋根材は断熱性も低いため、吸収した熱が屋内まで侵入してしまい、工場内の温度上昇を招きます。

② 空間が広く、空気の出入りがある

工場は一般に面積が広く、天井も高いため、空調を稼働しても全体にいきわたる前に冷気が温められてしまい、なかなか建物全体が涼しくなりません。

また、出荷や搬入のための入口が広いと、屋外から熱が侵入するため、空調の効果はさらに得られにくくなります。

③ 工場内の設備による廃熱がある

ヒーター、ボイラー、乾燥炉、蒸気配管等、熱源となる設備がある場合にも、当然工場内の温度は上昇し、空調が効きづらくなります。

工場・倉庫の暑さ対策のコツは、ただやみくもに強力な冷房で工場内を冷やそうとするのではなく、①・②・③を抑え込むように対策を講じることです。

①屋根からの熱の侵入 に対して有効なのが、今回ご紹介する「屋根改修」です。

屋根の改修による4つの暑さ対策

屋根改修による暑さ対策のメリットは、工場空間全体の温度上昇を抑えることができる点です。先行して屋根からの熱の侵入対策を行っていれば、冷房機器の効果を底上げし、光熱費の差削減にも繋がります。
屋根改修による暑さ対策には、主に次の4つがあります。

暑さ対策① 遮熱塗装

屋根に、建材の温度を上昇させる性質がある近赤外線を効果的に反射する「遮熱塗料」を施工することで、屋根材の温度上昇を抑えることができる暑さ対策です。

遮熱塗料は建材の劣化原因の1つである紫外線から屋根材を保護し、工場・倉庫の長寿命化にも貢献します。屋根の劣化が進んでいる場合、工場メンテナンスと同時に暑さ対策できるのは、遮熱塗装の醍醐味と言えるでしょう。

耐久性は8~20年程度で、塗料のグレードにより異なります。

注意点としては、塗膜に経年劣化が見られない場合でも、表面に汚れが付着すると汚れが熱を吸収するため、遮熱性能が落ちてしまうことです。
安定した遮熱効果を得たい場合は、遮熱性と同時に低汚染性を持つ塗料を選ぶのがポイントです。

メリット・屋根改修としては比較的安価で費用対効果が良い
・屋根の長寿命化にも繋がる
デメリット・汚れにより遮熱効果が低下
(汚れにくい塗料を選ばないと効果が持続しない)

暑さ対策② 遮熱シート

太陽光が屋根材に当たった際に発せられる「輻射熱」を反射するシートを屋根に施工することで遮熱効果を発揮します。
一般にポリエチレン等の合成繊維の表面もしくは両面にアルミ箔を貼付した層構造のシートで、屋根表面に施工するタイプ、屋根裏に施工するタイプなどがあり、屋根の構造によって使い分けます。

施工工事では、専用の金物やテープを使用しますが、遮熱塗料と比べて施工性が高く、工期が短く済むのが特長です。 また屋根表面に施工するタイプの遮熱シートでは、紫外線や熱から屋根を保護するため屋根の長寿命化にも繋がります。

耐用年数は約10年で、遮熱効果は遮熱塗装同様に高いですが、やや施工費用・ランニングコストが高くなる傾向があります。また材質上、海沿いに立地している工場では、シートに錆が発生する可能性がありますので注意が必要です。

メリット・施工性が高く工期が短い
・屋根の長寿命化にも繋がる
デメリット・施工にかかる初期費用はやや高い傾向にある

暑さ対策③ 二重折板(カバー工法)

二重折板は、既存の屋根材の上に新しい折板屋根を重ねて施工する工法です。新しい折板屋根に遮熱塗装や断熱材が予め施工されてある屋根材を選ぶことで遮熱効果を得ることができます。また、古い屋根材と新しい屋根材の間に空気の層ができるため断熱効果も得られます。
当然ながら改修工事を兼ねるため、改修メンテナンスを兼ねて暑さ対策ができることがメリットです。

デメリットとしては、大がかりな工事となるため施工コストが高く、費用対効果としては他の工法より低くなります。また、屋根の積載重量が大きくなるため災害時には被害が大きくなる可能性があります。

メリット・施工性が高く工期が短い
・屋根の長寿命化にも繋がる
デメリット・施工にかかる初期費用はやや高い傾向にある
・天災時の被害が大きくなる可能性がある

暑さ対策④ スプリンクラー(散水システム)

屋根にスプリンクラーを設置し、打ち水の原理で、水が水蒸気になる際に屋根の熱を吸収する「気化熱」を利用して、屋根の温度を下げる方法です。
一般に遮熱塗装・遮熱シートより低コストで導入でき、屋根まで給水配管しポンプを設置するだけなので、工期も短く済むのがメリットです。

ただし、散水により屋根材が劣化しやすいのがデメリットで、折板屋根では錆の発生、スレート屋根では藻の発生を助長してしまいます。
そのため、屋根材のメンテナンスのことも考えると対策①~③を選ぶのが良いでしょう。

メリット・低コストで導入できる
デメリット・屋根材が劣化しやすい

最後に

今回は工場・倉庫の屋根改修工事による暑さ対策をご紹介しました。
アステックペイントでは、今回ご紹介させていただいた「汚れを防ぎ遮熱効果を保持する遮熱塗装」をはじめ、各種遮熱塗装を承っております。工場・倉庫の暑さ対策についてお困りごとがありましたら、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

次回は、設備導入・ツールによる暑さ対策をご紹介いたします。
後編はこちら>

■遮熱塗装に関する無料ダウンロード資料もぜひご覧ください


工場倉庫「遮熱工法」比較資料(1シート)
工場・倉庫の暑さ・熱中症対策としてよく選定される6種類の屋根遮熱工法をご紹介

>詳しい内容はこちら


遮熱性・遮熱保持性データ資料(全12P)
屋根用防汚遮熱塗料「超低汚染リファイン」の遮熱効果を実際の事例をもとにご紹介

>詳しい内容はこちら


■お問い合わせはこちら

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。